その11


「なんですかいきなり…あと人の家に勝手に入らないでくださいよ。あんた普通に犯罪者ですよ。」

「すみませんが、エロ素材には困ってないからいりません。どうかおかえりくださいお願いします。あともう穴の奥出してもお金は出しませんお願いですからおかえりください。」

「い、いや…それは確かに興味ありますけど、あなた一応ムギノさんの仲間ですよね?、本人の本物のレイプ動画なんて売っていいんですか?」



「いいっすよ、ムギノさんだったら買います。んじゃ見せてください。」
「ヒヒッ、なんだかんだ言って見たいよなぁ?、オスから性欲取ったら何も残らないんだから最初からそうしろっつーワケよ。」
「少しでも抗議しておかないとオレの良心がチクリとするんです、もう抗議したんで見ても平気です。」
「ヒヒッ、この小物感サイコーだなオイ。オメーとは長い付き合いになりそうだぜ。」
・・・
・・



「きいてんのかあああっ!?、マジでキレるぞ!?、こおチ〇リ様がマジでキレッ…。」




「おいバカ女、次いくぞ。」
「へ?、…。」


「お、お”、
お”、お”お”ッ!!」

「おええ”ええ”ええっ!!、お”え”ええっ、お”え”え”ぇえ”え”ぇ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!」




「オボエあ”ああ”ああ”ぁあ”〜〜〜〜〜〜〜ッ!!」
ゲロゲロゲェ〜〜〜〜ッ!!